今から 何か物事を行おうとする時、スタート時点で色々考えてしまう。
   「これをやり終えるまでに、どれ位の時間(期間)がかかるのだろうか?」
   「私に出来るだろうか?」
   「面倒くさいな〜」
   「今すぐやらなくてもいいか。そうだ! 後から始めよう!」
   「やっぱり無理だ」
 ・・・・そんな事を頭の中で悶々と考えてしまって、結局はやり始める事が"めんどう"になってしまう。
 最悪は、どうしてもやらなければならない事さえも、色々理由を付けてやり始めない。
 『have to(しなければならない)』これが脳の癖になってしまうと、"言い訳人間"になってしまう恐れがあるので、注意しなけばいけません。
 結果を出し続けている人は、実に行動が早い。そして、実に多くの事を成し遂げている。
  それは、もちろん行動そのものが早いのでしょうが、スタートが早いのです。
  「やるかやらないか・・・即決!」
  その後は、慎重に準備を始めて行動を起こす。気が付いたらやり終えている。
  『want to(したい)』これが癖になっているから、周りの人から見ると、多くの事を成し遂げているように見える。
  こういう人達は、物事に対する考え方が "実にシンプル" だということをいつも感じます。
 『シンプル・イズ・ベスト(Simple is best)』‥‥(
単純素朴であることが最良である、という意味の表現。)
シンプル
 物事をとにかく複雑に考えすぎる傾向がある方。
 自分が何をしていいのか分からない。
 
生きる意味が分からない。
 何を目的に生きると良いのだろう。
 このように考えてしまうのは、あまりにも余計に 考えすぎだと思うのです。
 答えは、いくら頭で考えても出て来ない事も多い。答えは、行動を起こして身体で感じ取っていけば早い事も多いはずです。
 「これが自分の生き方だ」
 このような瞬間が訪れるのだと思います。
 そして大好きなこと(want to)だと、先の未来も見えやすいのかもいしれません。大好きなことを楽しむのは人生で最も幸せなことだと思います。
 世界各地で活躍するスポーツ選手やタレントや著名人の方達。きっと大好きなことをしているのだと思います。 そしてその権利は誰しもが持っているのだと思います。
 何かをしたいと思った時、それにすぐに取り組めるスタートが切れる。
 あまりゴチャゴチャと受け入れないで、必要な物や情報をシンプルに取り入れる。
 それがシンプル・イズ・ベストな生き方だと思います。
 但し、周りの人に迷惑を掛けないで下さいね。
 今日の投稿はシンプルにここまで。

 今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。