現在福岡では ”劇団四季” の「ライオンキング」 の公演(8月迄)が行われています。
 ‥‥
 アフリカの広大なサバンナ。
 ラフィキが巡りめぐる生命の賛歌を歌い上げる中、あらゆる動物たちが、シンバの誕生を祝うためにプライドロックに集まる。
 しかし一人だけ未来の王の誕生を快く思わない者がいた。
 ‥‥
劇団四季の言葉
 一度は必ず生で見たいと思っている公演。(まだ見れていませんが‥‥行く予定)
 ところで、こんな言葉をご存知ですか?

 「慣れだれ崩れ=去れ」

 これは ”劇団四季” の劇団員へ対する戒めの言葉で、劇団四季の創立者であり演出家の浅利慶太(あさりけいた)氏の教えです。
 ‥‥
 同じことを繰り返していると、人間は知らず知らずのうちに”慣れ”が生じてくる。
 それはやがて”だれ”になり、”崩れ”を生み出す。
 ここにそんな人がいては困る。
 ‥‥
 という内容。
 厳しい言葉ですが、プロフェッショナリズムが求められる環境においては忘れてはならない意識です。
 これを徹底してきたからこそ、劇団四季は長年日本の演劇界でトップを走ってこれたのだと言っても過言ではないでしょう。
 観客は誰しも、高いお金を払って「慣れ」「だれ」「崩れ」のある舞台などは観たくありません。
 一度でもそんな舞台を観せたら、きっともう足を運ばなくなってしまうでしょう。
 一流であるためには、また人を感動させるような仕事をするには、それだけ自分に対する厳しい姿勢が求めれるということが、この言葉から伝わってきます。
 「慣れだれ崩れ=去れ」
 高い意識がも求められる時、思い出したい言葉です。

 今日
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 ▼ご質問、お問い合わせ▼

 コーチングに関すること、色々な悩み、相談‥‥どんなことでもかまいません。
 質問等ございましたらご連絡下さい。

(問い合わせについては下記URLをご参照下さい)
http://sakanashi-toiawase.blog.jp/archives/4502264.html


 ▼パーソナルコーチングの申し込み▼
 コーチングの世界に飛び込み、苫米地英人博士・青山龍マスターコーチと出会い、この間、多くの方々と出会うことができ、様々な激変に立ち会うことができました。
 今後もさらに、このような激変のサポートを続けていきたい!
 
全国どこでも駆けつけます!お気軽にご相談下さい。
 パーソナルコーチングのお申し込みはこちらまで。
http://sakanashi-sessyonn.blog.jp/archives/17249417.htm