「タスク」‥‥よく聞く言葉ではないでしょうか?
 課された「作業」「学業」「仕事」などの意味で広く使われていますが、元々はコンピューターが処理する仕事の最小単位のことで、ユーザーがコンピューターに対して指示を出す仕事の単位を "ジョブ" といいますが、コンピューターはジョブをさらに分解して、”タスク” という単位で処理をします。
 さらに言うと、タスクの実行を制御、管理するための機能をタスク管理といい、CPUの割り当てやメモリーの動的な割り付け、プログラムの読み込み、実行中のタスクの監視、割り込みなどを処理します。
 タスク管理によって、複数のタスクを同時に処理することを 「マルチタスク」 と言い、一度に1つのタスクしか実行できないことを 「シングルタスク」 と言います。
 前置きが長くなりましたが、本題です。
タスク
 私はこれまで、偉人たち関連の著書を読むのが好きで、たくさん読書してきましたが‥‥
 物事をもっとも速やかに終わらせる方法として、過去をさかのぼってみても偉人たちの名言には 「複数の事を同時に進めて終わらせましょう」 というような言葉はほとんど読んだ記憶がありません。
 大きな何かを成し遂げている人は、ひとつのことに集中していることが多いわけです。
 そこで考えるのは、自由になりたい、成功したい、などと思うのであれば ”マルチタスク” ではなく ”シングルタスク” が要求される仕事に集中するべきなのでは?
 もちろん、複数の異なる世界で大きな成功を成し遂げている偉人たちも多くいます。
 ですが、彼らはほとんどシングルタスクです。
 ひとつの時期に、ひとつのことに極限まで集中して成果を出しているわけですね。
 飽きっぽい人は成功しないといいますが、切り替えの早い人は成功しやすいのではないでしょうか。
 この飽きっぽい人と切り替えの早い人の違いを意識しておくことが大事!!
 ほとんどの人のマルチタスクは、目の前のことに集中するべきなのに、頭の中で他のことをモンモンと考えてしまっています。
 目の前の取り組んでいることと頭の中を一致させるという意味でのシングルタスクが大事!!
 肉体と精神のやっていることが違うと、当然集中できないし目の前の作業も進まない上にミスも多くなってしまいます。
 意識と肉体を同じ場所におきましょう。
 「今この場所にいて」「目の前のこと」に集中する!
 これを意識することが最高のシングルタスク。
 自分の仕事の中でも、この意識と肉体が同じ場所にある自分が集中できる仕事を見つけて、その仕事に注力すると効率よく成果を出すことが出来るのではないでしょうか。
 当然、「今この場所にいて」「目の前のこと」に集中する時‥‥必ずあなたのゴールを忘れず、マインド(脳と心) の中に置きながら‥‥

 今日最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 ▼ご質問、お問い合わせ▼
 コーチングに関すること、色々な悩み、相談‥‥どんなことでもかまいません。
 質問等ございましたらご連絡下さい。

(問い合わせについては下記URLをご参照下さい)
http://sakanashi-toiawase.blog.jp/archives/4502264.html


 ▼パーソナルコーチングの申し込み▼
 コーチングの世界に飛び込み、苫米地英人博士・青山龍マスターコーチと出会い、この間、多くの方々と出会うことができ、様々な激変に立ち会うことができました。
 今後もさらに、このような激変のサポートを続けていきたい!
 
全国どこでも駆けつけます!お気軽にご相談下さい。
 パーソナルコーチングのお申し込みはこちらまで。
http://sakanashi-sessyonn.blog.jp/archives/17249417.htm