先日1年ぶりの健康診断に行ってきました。
 胃・大腸カメラ、レントゲン、血液‥‥特に異常はなく、健康体であることを確認すると共に感謝した次第です。
健康診断
 ところで、コーチングでは ”現状の外側” にゴールを設定することと、バランス・ホイール、つまり人生の各方面に、まんべんなくゴールを設定することを学びます。
 ここで‥‥
 健康のゴールを設定する際に ”現状の外側” にゴールを設定すると大変なことになってしまいますよね。
 例えば、血圧が130/85の正常血圧である人が、 ”現状の外側” つまり150/90 にゴール設定することは、いくらなんでもオカシイですよね。
 血圧の話だとオカシイと誰でもすぐに分かりますが、でも、ゴール設定において、コーチングをよく理解されておられない方に、これと似たようなオカシな誤解をされている人がおられるのも事実です。
 「ゴールを設定して、アファメーションやセルフトークのコントロールをしているけど、なかなかゴールに近づけません」
 これは明らかにゴール設定が間違っているとしか言いようがありません。
 こういった誤解を招かないように、コーチングはスピリチュアル等ではないことをしっかりと理解しておくことが必要です。
 コーチングは科学であり、最新の認知科学、機能脳科学、知心理学等をベースとした科学的根拠のある理論体系であることをしっかりと理解しておくことが必要です。
 中でも、私が学ぶコーチングは、元祖コーチのルー・タイスが40年以上世界中に広めてきた理論。
 そして、世界的権威の認知科学者である苫米地博士が80年代から研究してきた機能脳科学の研究成果がふんだんに盛り込まれた科学的根拠のある理論です。
 再現性が高く、応用範囲がとても広いはずなのです。
 一部の成功者の手法をまとめただけの目標達成方法とは次元が異なります。
 そしてコーチングは、実践をとても重要視します。
 実践することで脳を味方につけることが出来る技術でもあります。
 血圧を”現状の外側” といって150/90 にゴール設定する人の言い分を否定するつもりはないですが、理論を自分なりに解釈して正しく理論を学んでいない場合、実践する場合もアレンジしているケースも少なくないと感じています。
 知識が不十分なため、実践しても効果が出ないと考えて途中でやめてしまう‥‥とてももったいないことです。
 コーチングは科学!
 きちんと理論を学び、しっかり実践すれば効果が出るのです!
 このことをもっと正しく広めたいと思います。
 ちなみに私の健康のゴールは、幾つになっても健康基準値範囲内の中に納まっていられること。

 今日最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 ▼ご質問、お問い合わせ▼

 コーチングに関すること、色々な悩み、相談‥‥どんなことでもかまいません。
 質問等ございましたらご連絡下さい。

(問い合わせについては下記URLをご参照下さい)
http://sakanashi-toiawase.blog.jp/archives/4502264.html


 ▼パーソナルコーチングの申し込み▼
 コーチングの世界に飛び込み、苫米地英人博士・青山龍マスターコーチと出会い、この間、多くの方々と出会うことができ、様々な激変に立ち会うことができました。
 今後もさらに、このような激変のサポートを続けていきたい!
 
全国どこでも駆けつけます!お気軽にご相談下さい。
 パーソナルコーチングのお申し込みはこちらまで。
http://sakanashi-sessyonn.blog.jp/archives/17249417.htm