ルソーのエミールという教育について書かれた本に出てくる言葉に「自然人」と「社会人」というものがあります。
 それぞれの意味は‥‥
 ・ 社会人 ⇒ 社会に適合して生きる
 ・ 自然人 ⇒ 自分のために生きる
自然と社会
 子供は自然人ですから、人間社会で生きていけるように社会のルールを教育していく必要があります。
 自分のことだけでなく、他人のことを考えることなどを学んでいかなければなりません。
 でも、あまりに社会に適合しすぎると、自然人としての自分を見失ってしまい兼ねません。
 ルールや規律ばかりに従っていると、いつのまにか自分が何をしたいのかわからなくなるという感じです。
 大人の多くは、ここで苦しんでいるような気もします。
 日本は特にルールに厳しい文化ですから。
 常識やルールを一生懸命守ってきたら、いつの間にかみずみずしい喜びが感じられなくなっていた。
 「have to (~しなければならない)」ばかりでやってきたから、「want to (~したい)」が出てこない。
 つまり、行きすぎた社会人になっていたという感じです。
 では、もう一度子供の頃の「自然人」に戻って自分のためだけに生きる道を模索するか、というとそれだけではきっと行き詰まるでしょう。
 やはりすでに大人ですから、子供のように自分の欲望のままに自分勝手に生きるというだけでは難しい面があります。
 結局、「自然人」としての自分を取り戻しつつ、社会との調和を図っていく、ということになるんだと思います。
 きっと、その先には子供の頃にはなかった新たな喜びが見出されるはずです。
 つまり、「自然人」と「社会人」をベストの割合で統合して、その人なりの新たな人間モデルを生み出す、ということになるでしょう。
 そして、そんな時こそ「コーチング」の出番というわけです。
 他にもいろんな教えや方法・手段があるとは思いますが、ずっと眠っていた自然人のあなたを思い出し、新たなモデル作りのお手伝いをするのにはコーチングが最適!
 少なくとも、私の知る限り、また、少し遠回りもしてきましたがこれまで生きてきた中での経験においては、最適!
 今回のブログで言いたいことはそんなことです
 もし、この記事にピンと来た方は是非是非一度コーチングを試してみてください。

 今日最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 ▼ご質問、お問い合わせ▼

 コーチングに関すること、色々な悩み、相談‥‥どんなことでもかまいません。
 質問等ございましたらご連絡下さい。

(問い合わせについては下記URLをご参照下さい)
http://sakanashi-toiawase.blog.jp/archives/4502264.html


 ▼パーソナルコーチングの申し込み▼
 コーチングの世界に飛び込み、苫米地英人博士・青山龍マスターコーチと出会い、この間、多くの方々と出会うことができ、様々な激変に立ち会うことができました。
 今後もさらに、このような激変のサポートを続けていきたい!
 
全国どこでも駆けつけます!お気軽にご相談下さい。
 パーソナルコーチングのお申し込みはこちらまで。
http://sakanashi-sessyonn.blog.jp/archives/17249417.htm