何か、思いもよらないトラブルに巻き込まれた事ってありませんか?
 そのような時には、トラブルのある部分がフォーカスされて気になるものですね。
 「気になる」ということは、実はとっても大切なことだと思います。
 なぜなら、そこに問題があると、マインド(脳と心)の無意識が教えてくれるからです。
無の境地
 逆にいえば、全く問題ない部分やことがらは、気にならないし、感じませんよね。
 たとえば、体のどこかが悪い場合、その部分が痛みます。
 そして、その部分ばかりが気になるようになります。
 反対に、健康なときは、体があるように感じないほど気になりません。
 どこにも痛い部分がないので、体に意識のフォーカスが行きません。
 この例えのように、健康で、どこにも問題がないときは、その存在を感じないのです。
 これは、心にも同じことが言えます。
 苦しいとき、苦しんでいる心に意識のフォーカスが行きますので、心はとてもリアルに存在するかのように感じるのです。
 また、悩みや問題があるときは、IQが下がってしまい、思考が入り乱れて、あれこれと考えますので、抽象度の低い思考の存在がリアルに感じ取れます。
 何かトラブルがあると、その部分の存在を感じるのです。
 体と同じように、心も健康であれば、心の存在さえも感じなくなります。
 これが無心の状態です。
 気になって仕方がないことは、できるだけ早く対策をたてて、問題解決にのりだしましょう。
 つまり、行動を起こして問題解決に当る!
 放置しておいても気になり続けるだけですよね。
 また、静かな環境で音楽を聞いたり、内観や瞑想を行うと、自然と楽になってきます。
 そうすると、心が健康になり、悩みや痛みが取り除かれていきますので、心は無くなります。
 存在を感じないのです。
 これが、禅で言う、無の境地です。
 これが、苫米地英人博士のおっしゃる、『無意識に任せる』 だと思います。
 無心のとき存在するのは、純粋でクリアーな意識のみです。

 今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。

▼ご質問、お問い合わせ
 コーチングに関すること、色々な悩み、相談‥‥どんなことでもかまいません。
 質問等ございましたらご連絡下さい。

(問い合わせについては下記URLをご参照下さい)
http://sakanashi-toiawase.blog.jp/archives/4502264.html 


▼パーソナルコーチングの申し込み
 コーチングの世界に飛び込み、苫米地英人博士・青山龍マスターコーチと出会い、この間、多くの方々と出会うことができ、様々な激変に立ち会うことができました。
 今後もさらに、このような激変のサポートを続けていきたい!
 
全国どこでも駆けつけます!お気軽にご相談下さい。
 パーソナルコーチングのお申し込みはこちらまで。
http://sakanashi-sessyonn.blog.jp/archives/17249417.html