テーマにある 『プロスペクト理論』 という言葉を聞いたことがありますか?
 私も少し学んでみました。
 これは、アメリカの心理学者であるダニエル・カーネマン(写真左:2002年ノーベル経済学賞受賞)とエイモス・トベルスキー(写真右)が提唱された理論であり、
 「利益と損失の両方の可能性がある時、人間は、目先の利益に弱く、損失は先送りする心理を持っている」 という理論です。
ダニエルカーネマン  エイモス・トベルスキー

 ちなみに、この両名らは共同で研究を行い、苫米地式コーチングでも基礎となっている『認知科学』 を発展させた人物です。
 また、ダニエル・カーネマンはノーベル経済学賞受賞を受賞されていますが、カーネマンによると、「トベルスキーが生きていれば当然同時に受賞することになったはずである」 ということです。
 さて‥‥
 人間は、目先の利益に弱いのだなということをまずは知っておいた方が良いということですね。
 そして、損失は先送りする、すなわち、臭い物には蓋をする心理を持っていて、後になって慌てふためく傾向にあることも知っておくことが大切だということです。
 何か投資をしようとした時、この心理傾向が顕著にあらわれるそうです。
 たとえば、株式投資では、目先の利益につられて投資し、大損したりするのですね。
 また、損失が増えてきてもそこで決済して損切りすれば被害を抑えられるのですが、それができずにずるずると先延ばしにして大損害を出すことが多いのだということです。
 株式市場は、人間のこの心理を知っていて、うまく誘い込んで、賢い人だけが勝つようになっているのだということを、苫米地英人博士がどこかの動画でおっしゃっておられたのを思い出します。
 投資だけに関わらず、目先の利益に弱く損失は先送りする心理を訓練により改善していくとうまくいきやすくなるということです。
 この理論は、スポーツやビジネスの世界でも、まったく思い当たることがあるのではないでしょうか。
 日常生活においても、目先の利益には目もくれず、損失は早いうちに決済して終わらせるように日頃から心がけていれば大損害を出すことはなくなるということですね。

 今日も、最後までお読み頂きありがとうございました。


▼ご質問、お問い合わせ
 コーチングに関すること、色々な悩み、相談‥‥どんなことでもかまいません。
 質問等ございましたらご連絡下さい。

(問い合わせについては下記URLをご参照下さい)
http://sakanashi-toiawase.blog.jp/archives/4502264.html 


▼パーソナルコーチングの申し込み
 コーチングの世界に飛び込み、苫米地英人博士・青山龍マスターコーチと出会い、この間、多くの方々と出会うことができ、様々な激変に立ち会うことができました。
 今後もさらに、このような激変のサポートを続けていきたい!
 
全国どこでも駆けつけます!お気軽にご相談下さい。
 パーソナルコーチングのお申し込みはこちらまで。
http://sakanashi-sessyonn.blog.jp/archives/17249417.html