一昨日(2/26) 開催された『苫米地英人博士の天才脳をつくるコーチングセミナー』 の受講を終え、昨日遅く熊本に帰ってきました。
 実は、セミナーが終了した後、ずっと一晩中、何だか頭がクラクラしたような感じになり、ホテルでよく寝付けませんでした。
 講義の内容については 「守秘義務」 により、このブログで書くことができませんが、約3時間の講義の中の
 ”一瞬”。
  時間にしてほんの数秒でしたでしょうか?
 苫米地博士から発せられた言葉が脳裏から離れず、寝不足‥‥
 それくらい衝撃的な言葉でした。(言うまでもなく、3時間全体の講義も、もちろん素晴らしい内容でした。)
 受講された方の中に ”あの言葉” に私と同じような衝撃を受けられた方が何人程おられるのか?それは分かりませんが、その数秒のために熊本から東京に行った価値を充分受け取ることができました。
 苫米地式認定コーチとして、これまでコーチング活動を行っていた中で、今一つ何かモヤモヤとしたものが、あの ”衝撃的な言葉” によって一瞬で吹っ切れたように感じています。
 また更に、苫米地式の奥の深さを感じさせていただいた貴重なセミナーでした。
 このブログを読んで下さっている方には何のことかよく分からないと思います。
 思わせぶりの内容で大変申し訳なく思いますが、いつかお伝え出来る日(許可)がきて、コーチング等でお会いできた時に、何等かの形で直接お伝えできればと思います。
 元祖コーチのルータイスが40年前から世界中に広めてきたコーチング。
 苫米地英人博士が1980年代から研究してきた機能脳科学、認知科学のがふんだんに盛り込まれている理論。
 世界中にのべ3300万人以上がこの理論を学び人生を激変させて来ました。
 米国では政府機関、NASAなども導入している理論でもあり、ビジネスの領域では米国トップ企業のフォーチュン500の半数以上が導入して大きな成果を上げている理論。
 スポーツではオリンピック金メダル獲得数歴代No.1(金メダル23個)の米国オリンピック水泳選手のマイケルフェルプスが活用してきた理論。
 学校教育の中でも導入され大きな成果を出している実績のある理論。
 これらはすべてfact(事実)です。
 ルータイスと苫米地博士が一緒に最新化したコーチング理論は科学であり、マインド(脳と心)の使い方を学ぶことが出来るこの世界を、あなたにもぜひ届けたい‥‥
 改めて心からそう願うセミナーでした。



















天才脳セミナー2