コーチングを学び、実践するようになってから 『人から羨ましがられるだけでは意味がない 』 と思うようになってきました。
 人は、周囲から幸福であると見られたいがために、見栄を張って、外見をよくしたり、高いものを買ったりします。
 また、本当の自分を隠すようになります。
 でも、周囲から幸福な人であると見られても、当の本人が、実際に幸福でなければ、何の意味がありませんよね。
 周囲にどう思われているかなどどうでもいいと考えるようになってから、とても "楽" になったように思います。
 本人が、いかに幸福になれるか、本当に幸福になれるかが、重要ということなのです。
 もし、周囲に幸福な人と見られたいがために、本当の自分を偽り、心理的な仮面をつけて生きていくのなら、それこそ、不幸な人生となってしまいます。
 なぜなら、自分自身を本音で生きることが最大の幸福であり、自分を押し殺して、他人のような人生を送ることが不幸だと思うからです。
 他者に見栄を張るのは止めましょう。
 他者によく思われても、何ら意味がありません。
 そうではなくて、自分自身の本当の人生を歩き始めてください。
 そうすれば、周囲に嫌われるようなこともありますけれども、真実の人生を生きているという充実感と至福に包まれた人生となります。
 そして、自分の本当の人生を歩く方法は、「自分の内なる声」に耳を傾けて、受け入れること、行動することです。
内なる声
 自分の内なる声に耳を傾けてみてください。
 そうしたら、この職業がやりたいとか、この女性と結婚したいとか、こんなところに行ってみたいとか、こんな服装をしたいとか、音楽を奏でてみたいとか、絵を描いてみたいとか、あきめていたプロスポーツ選手にもう一度チャレンジしてみたいとか‥‥いろんな気持ちが湧いてくるでしょう。
 ただし、ここで重要なのは、感覚を大事にするということです。
 内なる声とは、感覚であり、直感です。
 思考には、あまり声を傾けないでください。

 過去のブログ(http://sakanashi.blog.jp/archives/12111676.html)でも書きましたが、思考とは、社会から取り入れた知識の塊ですから、思考にとらわれると、本当の人生を歩むことはできません。

 そうではなく、直感に従ってください

 自分の直感を信じて、行動すればいいのです。
 そうすれば、自分の本当の人生を歩むことができます。
 直感とは、自分の深層意識から出てくる答えであり、直感は、「抽象度の高い自分自身」 からのお知らせなのです。
 直感に生きて、本当の自分を取り戻していただきたいと思います。
 多くの人は、様々な障害や凝り固まった過去の経験の記憶によって、直感を信じてなかなか前に進むことができていません。
 現状のコンフォートゾーン(自分の居心地のいい世界)の中に留まろうとしてしまいます。
 でも、実際のところ、人生をイキイキと楽しんで、個性的と言われる人たちは、必ずと言っていいほど、自分の直感を信頼して行動しています。
 一度、あなたが思うそのような人物の行動を観察してみてると、このことがはっきりと理解できると思います。


    今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。