『ゴールが先!方法は後!』 この言葉は、コーチングを学んでいる方にとっては、何度も耳にして常識ともいえる理論・概念です。
 今回はこのテーマについて、私達の日常で普段何気なく行っている思考から行動に繋がっている、身近な例から考えてみたいと思います。
ゴール
 人間の行動には、まず目的があり、その後、手段が考え出されます。
 たとえば、自分にはたくさん短所があるので、自分のことを好きになることができないと言う人がいたとします。
 でも、実は、短所があるから、好きになれないのではないのです。
 そうではなくて、自分のことが嫌いだから、短所をわざわざ見つけ出すのです。
 目的のために手段を探し出す、いい例としましては、食事会や飲み会の誘いに、「大事な用があるから、やめておくよ」と言って断ることがありますよね。
 でも、大事な用があるから、行けないのではなくて、行きたくないので、大事な用を後で作り出すことがほとんどなのです。
 誰でも、そのようなことを経験したことがあると思いますが、人間の行動については、まず、目的があり、その後、手段が考え出されるのです。
 もう一つ、例をあげますと、仕事に行きたくないので、お腹が痛いという理由を作り出します。
 また、学校に行きたくないので、熱が出ているという理由を作り出します。
 ここで、驚くべきことは、常日頃から、仕事や学校に行きたくないと思っていると、潜在意識の作用により、本当に、お腹が痛くなったり、熱が出たりするのです。
 いつも、仕事や学校に行きたくないと思っている人は、頻繁に、体調を崩します。
 仮病ではなくて、本当に体調を崩すのです。
 アドラー心理学でも、心と体は、別々のものとは看做しないと言っています。
 心身一如であり、別々には存在できないし、密接に関わり合っていると考えられています。
 したがって、心で想っていることは、実際に、体にも大きな影響を及ぼすのです。
 話を戻しますと、以上のようなことから、自分に短所があるから嫌いとは、考えないでいただきたいと思います。
 そうではないのです。
 自分が嫌いだから、たくさんの短所を思いつくのです。
 ここで、必要なのは、自分自身を好きになろうという強い決意だけです。
 そして、いつも、「自分のことを好きである」と考えて、アファメーションやセルフトークのコントロールを意識していけばいいのです。
 自分のことを好きになろうと決意した途端に、不思議なことに、自分の長所ばかりが見えるようになってきます。
 そして、自分を好きになることができると、一気に、世界が喜びに満ちた状態となり、毎日が楽しく出仕方がなくなるのです。‥‥(Want to)
 大事なことは、自分を好きになると決意することであり、「自分が好きだ」と毎日、アファメーションやセルフトークのコントロールを実践することです。
 特に、寝る前などに、アファメーションを唱えることによって、深層意識に刻み込まれて、絶大な効果を発揮します。
 自分を好きになろうと決意した途端に、自分の長所ばかりが見えるようになってくるということです。 
    また、これらの事は、今回記載した身近かな例だけでなく、あなたの未来の「ゴール」に対しても同様であることは言うまでもありません。
 あなたも、アファメーションやセルフトークのコントロールを実践して、最高の自分や自分の未来を築きあげましょう。

    今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。